Harmonie "Diary" Chromatique

Harmonie Chromatiqueの日記帳です。

モラルに欠けた批判について、反論

先日、2.8mile被害者救済コンピのアイデアを公開したことを評価して、以下のような要旨のプロパガンダがありました。

  • そもそも主催者が荒稼ぎするための企画だろ
  • 2.8mileの名前を勝手に使えば何やってもいい、と思ってるのではないか?

とりあえずどっちも違います。そもそも具体的な計画に落としていないチャリティ系企画のアイデアについて、「主催者が荒稼ぎする」という目的なんか立ち上がっているはずがありません。で、今回は2.8mileによる犯罪的行為*1の被害者へのチャリティを目的としたアイデアです。正式CDタイトル以前に企画コードネームの時点で2.8mileの名前を使わなきゃどうするんですかね?

前者のプロパガンダ、「2.8mile」を「震災」あたりに置き換えると「震災被害者救済チャリティー企画とは(被害者ではなく)主催者が荒稼ぎするための企画だろ」という指摘になるわけで、普通に考えたら当該企画自体の非チャリティー性の「証拠が」上がっていない限り、こういう指摘はノーマナー、というかモラルに欠けてる話だと思うんですよね。本人の過去ツイートを洗ってみたところ、震災/原発被災者への支援は意識にあった方のようなんですが、震災と無関係な文脈ではこの手の発言をしているとなると、本心からの被災者支援だったのかどうか色々疑わしいところがあります。

とりあえず上記プロパガンダについて、M3準備会やその他過去にプロパガンダを流した陣営との関係性を探っておりますが、特にそのへんとの結びつきがあるような話ではなさそうです。*2

 先日の記事でも明確にしていますが、本件は機能しうると考えるアイデアの提示です。細部を詰めていないのは当たり前。当然実行を考えていたものではありません。

*1:犯罪を構成しているという情報もありますが、とりあえず犯罪「的」という表現に押さえておきます

*2:浦賀の件ではこの手のプロパガンダをやってる人が片っ端から長野氏との関係性を指摘されてたりするので、同じ構図が起きていないか調査は必要です。

広告を非表示にする