読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Harmonie "Diary" Chromatique

Harmonie Chromatiqueの日記帳です。

同人社会におけるモラルの構図

これ、ある人から指摘された話に対するアンサーです。

指摘自体はプライベートなものなので誰からの指摘か明かすつもりはありませんが、アンサー自体は普遍的なものなので、先ほどtwitterでも書きましたがblogにも上げておきます。

同人の社会では、時々一般社会ではモラル的にアウトなはずのことが普通に受け入れられることがあります。なんですが、同人社会の枠外と絡み合うような分野でそういうことやるのは、単純に社会的にアウトと考えます。

誰かが個人レベルで社会的にアウトなことをやったときに同人社会がそれを認めなければ、同人社会に自浄能力があることの証明になります。
ですが、同人社会がそういう行為をアウトと見なさない/受け入れている場合、一般社会から見ると以下のような構図の証明となり得ます:同人社会とは、自浄能力がないばかりか、一般では反社会的な行為を是とするような問題のある社会である。

同人が一般社会から見れば反社会的で問題のある社会だと見なされると、たとえば表現規制に対して反論する発言力を失います。また、イベントに対して地元住民からの苦情があると、苦情のほうの説得力が強いと見なされ、イベントへの弾圧を誘発しかねません。

ルールブックに書かれていないことだから何でもOKではありません。社会的にNGなことは、同人社会でもやはりNGでなければならないのです。
私自身は、たとえ同人内部では受け入れられている構図であっても一般社会ではアウトなことについては明確に「認めない」という立場を取ります。

広告を非表示にする